木のおもちゃ マークス 2

Click Here!
<マークスのホイールトイ

デトア社は木のおもちゃのみでなく、ピアノ部品メーカーとしてもその技術を発揮しています。
チェコを代表するグランド・ピアノの名器「ペトロフ」の鍵盤やアクション装置を製造するなどの実績を誇り、この高度な加工技術から小さくて複雑なつくりのおもちゃが生まれるのです。

小さな部品から組み立てられているホイールトイはこうした精緻な加工を得意とするデトア社の本領が十分に発揮された製品。
引っ張るおもちゃもデトアが作れば可愛らしいコンパクトサイズに。
机の上に飾っても可愛いし、有害成分を含まない塗料とニスを使用しているからお子様のプレゼントにもピッタリ。 (Online Marksより)
<マークスのレスニー

手のひらサイズの木の人形、「LESNi(レスニー)」。
「レスニー」とはチェコ語で「森に住む」「森の精」という意味。
このレスニーは、精密で小さなおもちゃ作りが得意なデトア社と、マークスのコラボレート製品。どこにでも置ける可愛らしいミニミニドールが完成しました。
座らせることができるので、デスクトップやパソコンの上、鉢植えのグリーンなどと一緒に何体でも並べてください!

チェコの森からやってきたたくさんの仲間たちがあなたのまわりを明るくにぎやかにしてくれます。
プレゼントに添えると、とっても可愛らしいアクセントになりますよ。(Online Marksより)
Click Here!
Click Here!
<マークスのミニトイ

デトア社は1908年、ヨハン・ショワネックによって北ボヘミア地方のアルブレヒティスに設立されました。
高い技術と品質とでデトア社はすぐに、木製おもちゃメーカーとしての地位を築きあげてきましたが、第1次世界大戦中には軍服の木製ボタン、第2次世界大戦中には戦車や戦艦の木製クレイ・モデル作りに専念しなければならない時代もありました。その後も共産主義体制の“失われた40年”の受難の時期を乗り越え、木工技術を磨き続け、現社長のヤロスラフ・ジーマン氏が社長に就任した1993年以降は、おもちゃメーカーとしての復活を果たしました。

カエデやブナなどの広葉樹から作られた小さな木のおもちゃは細かいパーツのひとつひとつに職人たちの技術が集結しているのです。
(Online Marksより)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。