学研 大人の科学 シリーズ メカモ

大人の科学シリーズ メカモ・センチピード(ムカデ)
大人の科学シリーズ メカモ・センチピード(ムカデ)

メカモシリーズ、「クラブ」に続く第2弾は「センチピード(ムカデ)」になります。これは両脚についた32本の脚を動かすことで、前進、後退、左右カーブなど自由に移動します。脚がいっせいに動いてる様子は「波」のようにみえます。これは、リンク機構を使って全体を平行に移動すると同時に、各クランクの位相を45度ずらし、次々と脚がずれて回転していくようにしているため、そのような動きをしています。
大人の科学シリーズ メカモ・クラブ
大人の科学シリーズ メカモ・クラブ

組み立てにかかる時間は約2時間。キットにはロボットの部品のほか、ドライバー、スパナ、マニュアルなども同梱されているので、キット到着後すぐにでも組み立てることが可能だ。ただし、ロボットの作動には別途単三電池6本が必要となる。1972年の発売当時はまだ子供で、欲しくても買えなかったという人も多いはず。そういう人も、ぜひ本キットを購入して、そのくやしさを存分に晴らしてほしい。(Amazon.co.jp レビュー)
大人の科学シリーズ 動物ロボット メカモ・インチウァーム
大人の科学シリーズ 動物ロボット メカモ・インチウァーム

モーター駆動で本物と同じ間接の動きで動く、機械工学から生まれた動物ロボットシリーズの第3弾。シャクトリムシのように尺をとりながら進みます。途中で方向転換することもできます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。